スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽くならないなあ

 軽くならないのは体重とテント泊装備です。

 前回の雨飾山の時には15kgちょっとでしたから、テント泊装備としては特に重いわけでもないのですが、軟弱中高年としては、もう一声軽くしたい。というわけで、軽量化とコンパクト化の実験です。

 まずは装備をできるだけ削って、残った装備もできるだけ軽いものにしてみました。それでは、実際に一つ一つの重さを図ってみましょう(ザックだけはスケールに乗らないのでカタログデータです)。単位はグラムです。

バックパック(カリマー アルピニステ 45L) 1500
ザックカバー 121
テント(オニドーム1)+ペグ+シート 1660
シェラフ(ナンガUDD380DX) 712
マット(サーマレストProlite S) 335
マクラ(mont-bell) 89
タオル(結露拭き用) 34
レスキューシート、救急用品、リペア用品 422
パックライナー 65
フリース(mont-bell) 248
インナーダウン(mont-bell EXライト) 145
下着(Tシャツ、パンツ、靴下、タオル) 362
レイングローブ、インナーグローブ、バラクラバ 174
レインウェア上(mont-bell トレントフライヤー) 215
レインウェア下(ロウアルパイン) 235
グローブ(クールメッシュ) 26
手ぬぐい、汗拭きタオル 64
地図+マップケース+コンパス 66
ゴミ袋 40
常備薬+ライター 181
日焼け止め、虫除け 136
笛+ナイフ 74
カトラリー 73
ヘッドランプ+予備電池 211
スマートフォン予備バッテリー 144
トイレセット(スコップ+携帯トイレ+紙) 100
ウェットティッシュ 26
サングラス+ケース 85
スタッフバッグ 33
水筒(camelbakハイドレーション 1.5l) 180
水筒プラティパス(2L) 30
テルモス(300ml) 130
カメラ(Olympus pen mini) 599
傘(mont-bell uL) 128
jetboil 520
サンダル(keen)+袋 660
小計(ベースウェイト) 9823

ストック(black diamond)2本 610
水1.5l+お湯0.3L 1800
食事(2食) 190
行動食 382
合計(パックウェイト) 12805

 合計12.8kgとなりますが、ザックを実際に図ると13.0kgあります。

 あと削るとすれば、カメラ、ストック、サンダルあたりでしょうか。でも、週末の予定は尾瀬でのんびり一人でテント泊なので、花の写真はきれいに撮りたいし、そうなるとミラーレスは欲しいです。
 ストックは無くてもよいのですが、ソロなので、足を痛めた時のために一応念のために持ち歩いています。サンダルを諦めれば660gも軽くなりますが、テント場での快適性は低下しますので悩ましいところ。今回は尾瀬のテント場でのんびりしたいので、持っていくことにしました。
 枕も削れば89g軽くなりますが、着替えを枕にすると寝心地が悪くて、よく眠れなかったことがあります。そうなると翌日の体力回復に影響するので、ささやかな贅沢品として今回から荷物に加えることにしました。
フリースとかダウンとかの防寒着は、アルプスなどの高所登山を常に意識しているので、躾事項として常に持ち歩いていますのでこれは削れません。

 コンパクト化という点では、ザックをオスプレーの65Lからカリマーの45Lに変えたので、荷物はぎゅうぎゅうですが、一泊装備なら入るものですね。荷物が一回り小さくなりました。その代り、食事は質素にアルファ米で、ストーブはジェットボイルのチタニウム。お湯しか沸かさない予定です。行動食もソイジョイ中心でコンパクトにまとめています。
 
 今回の軽量コンパクト装備を尾瀬と至仏山で実験して、問題がなければ次の山旅につなげようかと思います。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。