スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北北西?に針路をとれ

 昨日はクライミングジムで練習。今日は丹沢で地図読みの練習。山登りばかり行っていて、家族放置と言われているが、聞こえない聞こえない・・・

 今日のヤブ山は例によって山旅のツアー。ガイドはT橋、M時、O川の3名でスクール生は12名の陣容。天気は曇りのち晴れでしたが、登ると軽く汗ばんで、止まると寒いという微妙な天気。まあ、暑いよりはましです。

 5時に起きて5時半自宅発。配偶者と猫が見送ってくれました。電車を乗り継いで、0658に橋本着。改札前に7時半に集合です。駅から「ふれあいの館 鳥居原」まではタクシー。

 体操してから0842にふれあいの館を出て、車道をしばらく歩いて、とある民家の脇からH山の東斜面に取り付きます。ヤブを掻き分け、鹿柵をあるときは腹ばいになってくぐり、あるときは(その場に設置してあった)梯子で乗り越え上を目指します。途中、茨と笹竹の交じり合ったヤブもあったのですが、そこを「痛い痛い」と言いながら山頂めがけて突き進むのです。

 10時半にH山山頂に到着。しかし、本日の目的地はK山、読図山行の核心部はここからです。山頂から西尾根を下り、分岐で南西の支尾根に乗り換え、その先の小ピークで南の支尾根に吸い込まれないよう注意して西の尾根に進みます。「針路西」でしばらく進んで、△405を過ぎ、次の小ピークで南に進み、次のピークで再び西へ。尾根が分岐するたびに現在位置と進路をチェックしながら、徐々に高度を上げていき、11時50分にK山の主稜線に無事登れました。

 ここからは、尾根伝いに二つのピークを越えて、12時42分に無事、K山山頂到着。予定よりも大分早いので、20分休憩がありましたが、止まっていると寒かったので個人的にはさっさと先に進みたかったのが正直なところ。迎えのタクシーも16時半で予約していましたが、3時に変更することに。

 下りも悩ましい支尾根に誘惑されそうになりながら、ハイペースで下山し、13時27分には一般登山道と合流。あとは、登山道を下りました。ふれあいの館には14時20分着、3時に迎えに来たタクシーで橋本駅に戻りました。

 尾根を間違えることはありませんでしたが、今回のヤブ山は今まで一番手ごわかったと思います。読図は夏山でも必要ですし、雪山では必須のスキルになるので、現在のレベルをせめて維持できるようにしていきたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。