スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹沢大山北尾根で読図

 昨日は、山旅の読図シリーズ最終回、場所は丹沢の大山の北尾根だった。

 4時半に起床して、身支度を整え、最寄り駅まで徒歩12分、そこから横浜まで20分ぐらい。目的地の秦野には7時過ぎに到着。集合は08:15なので、早めの到着なのだが、余裕を持って行動したいので、早目に着いてマックで朝食を取る。

 0815に全員集合、今日のガイドさんはS氏、M氏、I女史の3人。スクール生は28名だ。タクシーに分乗してヤビツ峠に向かう。ヤビツ峠でトイレを済ませ、ストレッチの後、イタツミ尾根を辿り大山山頂を目指す。小雨が降っているのでレインウェアを着ているので、ちょっと暑いし足が上げにくい。
 レインウェアは殆ど使われることも無く、リュックの重石になっていることが多いアイテムなので、軽量化優先で選んでいるのだが、その分機能的には劣るモデルだ。ポケットが一つ(胸)しかないのでハンカチ一つ入れるにも不便だし、わきの下に換気用のジップもない。
 こんな雨の中の登山になると、機能性重視のレインウェアが欲しくなるのだが、雪山装備でヘソクリは底を突いている。新しいモンベルのストームクルーザーがいいかなあと妄想にふけりながら、黙々と山頂を目指す。

 イタツミ尾根は実線コースだし、特に読図の必要性も無いのだが、うつむきがきな視線を時折四方に飛ばし、特徴のある尾根や地形を読みながら山頂を目指す。

 イタツミ尾寝はあっけないほど終わり、大山山頂で小休止。とはいっても小雨の中で出来ることは限られている。木下で雨を凌ぎながら行動食をとり、水分を補給し、地形図を確認する。

 山頂から北尾根へのアプローチは、電波塔の脇を進んだ先にある鹿柵を越える梯子から始まる。とは言うものの、おおむねトレースはあるので、残念ながらそれほど迷うことは無い。要所要所で現在位置を確認し、次のポイントへのベアリングをチェックしていれば、ほとんど迷うことは無いだろう。ただ、小雨で足元が悪くなっており、滑りがちな足場に気をとられてなんとなく歩いていると、尾根の分岐等で迷うことがあるかも知れない。

 西沢の頭の手前の尾根の分岐は、普通に歩いていけば多分間違ったほうに行くことは無いだろう。西沢の頭は明瞭で良いランドマークである。(ここが判らないならバリルートはやめたほうがいいだろう。)ミズヒの頭も明瞭なので、その先で北西に進路を変える点も迷う人は少ないだろう。その先に16号の鉄塔が見えているので自分の位置をピンポイントで確認できる。

 この先は降りるだけの尾根歩きになる、分岐するところも無いので迷う心配は無い。667を超えて行けばこの時期は、見る人とて無い山の中に一面にミツマタが自生している。一面の白い花を通り過ぎれば、ミズヒ沢の出会い。ここが今日のゴールだ。

 雪山で歩いている性か、それほど苦労せずに歩けた。次は来週はクライミングジム、そして4月の頭に残雪の谷川岳が待っている。現在の調子を落とさずに行きたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。