スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザック入荷

 イロイロ思うところあって、ザックを新調しました。
まいザック×3
 一番上が、富士登山のために買ったdeuterのspectro32ac。軽くて背負いやすくて日帰り登山の主力ザックなのですが、容量が小さくて、公称32Lも無い感じです。背中がメッシュで夏でも熱がこもらないのは良いのですが、ザックと背中との間に空間を空けるためにザックがバナナ型になっているのが容量が小さい一因かと。春夏秋の日帰り・一泊に使用しています。

 一番下の青いザックはkarimmorのcouger 40-55。冬場に荷物が増えたときの日帰り・一泊用に買いました。それ以外のシーズンでも、食料とバーナーと積み込んでグルメ登山の時には出動します。ポケット等も充実しているのですが、悪く言えばいささかゴチャゴチャしており、生地も丈夫ですが、若干重いです(2450g)。雪山にも使えるかと思っていたのですが、蓼科山で若干の問題を感じました。

 1.生地も丈夫でショルダーベルトもヒップベルトも分厚くて頼もしい一方、少々重い。

 2.ポケットとか、開口部とかイロイロあるのはいいけれど、冬山では手袋した手では開けにくいので結局使いこなせない。

 3.ポケットとかファスナーに雪が付く。

 cougerはいいザックだとは思うのですがこれは縦走用に使うことして、冬山そして今年の夏の槍、来年の剱に向けて、軽量、シンプル、中容量(40-50Lぐらい)のザックが欲しいなあと思った次第。ネットであれこれ吟味して最後に残ったのがモンベルのアルパインバック50とkarimmorのalpiniste45+10。

 アルパインバック50は値段が魅力的でしたが、背負った感じが今ひとつ。karimmorのalpiniste45+10は背負いたいのだが置いてない。高田馬場から新宿を経由し、ようやく神保町で見つけたけど、おかげで、他のザックも背負うことができて危うくパタゴニアのアセンジョニンストに浮気しそうになった。

 結局決め手になったのは、いつもの英国びいき・・・ではなくて、背負った感じ。あとフロントポケットが大きくてヘルメットまで入りそうなこと。ザックに6kgの錘を二つ入れてしばらく背負ってみたけど、やっぱり山に背負っていかないと判らないよな~ということで、清水の舞台からジャンプして買っちゃいました(写真の真ん中の橙色のザック)

 今週末の飯綱山でデビューさせようかと思います。軽い(1500g)のですが、ベルトのクッションは薄め。軟弱ハイカーの私との相性はどうでしょうかね。



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。