スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読図 奥多摩 馬仏山南西尾根

 自宅から2時間電車に揺られて辿り着いたのは奥多摩の川井駅。山間の小さな無人駅だ。
 集合時間より30分ほど早いのだが、早めに集合してのんびりしたい性質なのでいつものこと。同じ電車だったカメさんと雑談しつつ、他の人が乗った電車が来るのを待つ。
 それにしても寒い。ザックからレインウェアの上を出してタオルマフラーも着用したけど、寒さが染み透ってくるような気がする。風は南から吹いているが、南風という感じがしない。おそらく山の地形で方向が変わっているのだろう。次の電車でガイドさんと他のメンバーが集合する。今日はスクール生は19人。誰一人遅刻するものがいないのには正直感心する。

 今日のテーマは読図。馬仏山南西尾根を走る登山道は地形図にも、山と高原地図にも載っていない。要は地図とコンパスと地形から、何も無い山の斜面に道を探して進めということになる。交代で先頭を歩きながら、自分が指定されたポイントまで皆を先導しなければならない。現在位置を言うときもちゃんと根拠を示さなければならないし、リーダーとして歩くペースやパーティの状況にも目を配らなければならない。
 ただ山に登るだけなら、連れて行ってもらうか、ツアーに参加すればよい。そうすればリーダーかガイドさんの後を歩いていくだけで山頂に着くことが出来る。でも、それでは自立した登山者にはなれないというのが、山旅スクールの主張だ。行きたい山に行く、いける山に行くのではなく、計画を立てて計画通りに行くのが我々の目指すべきゴールということになる。
 とはいうものの、言うは易し。普段、登山道を下ばかり見て歩いている我々は、自分の位置がよくわからない。道の進む方角、地形、周囲の尾根、谷等総合的に判断して、現在位置を把握し、次のポイントに向けて地図を先読みするのだ、と理屈ではわかっているのだが、なかなかに難しい。

 軍畑の駅に降りてきたときには5時近く。いささか遅い下山となった。今日一番疲れたのは足ではなく頭だったような気がする。今日の成果を生かして、次の個人山行でも地図とコンパスを握り締めて地図読みを・・・なんて多分しないんだろうな。なんとなく、登山道と道標に頼ってしまうような気がする。まあ、少しずつ、ぼちぼちやっていこう。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。