スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt. Mizugaki

 週末、一泊二日で瑞牆山に行って来た。山旅スクールのツアーである。

 初日は早朝に新横浜に集合。そこからバスで「みずがき山荘」へ。2時前に着いたので林間でロープワークの実習、簡易ハーネスなどなど。その後でさっさと風呂に入り、早目の夕食を済ませたら、今度はパッキング講座。ロープワークは勉強になったけど、パッキングは前回の山旅で重量オーバーで失敗した反省からグラム単位で重量を測ってパッキングしてきた私の方がシビアにやっていた感じ。とはいうものの、ウルトラライトではないので、ミラーレス一眼とかの重量物がひそかにまぎれていたのは内緒。

 翌日は午後から大気の状態が不安定になり、熱界雷の懸念があることから早めの出発ということになり、4時起床の4時半集合となった。そのため、9時には就寝。前回の丹沢では寝付けなかったので、大丈夫かなあと思っていたが、ぐっすり眠れた。

 4時半集合、ストレッチをして5時前に登り始める。富士見小屋までは緩やかな登り、その後、トラバースして一端沢筋まで下り、そこから先は山頂まで岩っぽい登り。早い時間にもかかわらず登山者が意外に多い。こっちは人数多いし、足が遅いので追いつかれるたびに立ち止まって追い抜いてもらう。おかげでいまひとつペースに乗れないのだが、バランス感覚いまひとつ、筋力もないという中高年婦人が混じっているので仕方がない。これがイヤなら街の山岳会に入ってガンガン登れということになるが、もとよりガンガン登るよりのんびり景色を眺め、花を愛でながら登りたいので、のんびり登山が丁度良い。

 山頂直下に融け残った雪が氷となって残っているところがあり、ちょっと緊張したが、それでもなんとか無事に9時前には山頂で景色を眺めていた。ちょっとガスっていて富士山とかは見えなかったけれど、来週登る金峰山を眺めながら飲むコーヒーは格別であった。
 下りは、氷のところで転倒する人がいたり、濡れた岩に不用意に足を置いて滑って転倒した人(実は自分)がいたが、昼過ぎには無事にみずがき山荘に到着。自分へのご褒美にソフトクリームを食べる。

 帰路に温泉に寄って汗を流した後、順調に帰ればめでたしめでたしだったのだが、中央道が事故渋滞25kmは余計なおまけであった。おかげで早めに帰れると喜んでいたのに、ほぼ予定どおりの帰宅時間になってしまった。

 来週は金峰山、一泊二日の山旅スクール。標高も上がるし行動時間も延びるけど、この調子なら大丈夫そう。きっと大丈夫。多分大丈夫。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。