スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい靴を買う

 これからのコースには岩場もでてくるし、いずれ残雪の北アルプスに登るにはセミワンタッチアイゼンが付く登山靴いるから、どうせなら早めに買ってねとガイドさんに言われていたのでライトアルパインブーツを買っちゃいました。

 土曜日は山旅スクールの机上講習だったので、そのついでに横浜のカモシカスポーツで買いました。本当は、カモシカで見て、神保町で「さかいや」とか「エルブレス」も回ろうかと思っていたのですが、カモシカで2時間かけて5足ほど履き比べたら、神保町に行く気力が失せたし、まあ納得いく靴も見つかったし、買っちゃいました。スカルパのトリオレプロです。
 今履いているモンベルのツオロミーブーツは前後は良いのですが、幅がいまひとつゆるい感じがしていて、実用上の不具合はないのですが、なんとなく落ち着かない感じがしていました。なので、今回は前後は1cm空いて、幅はぴったりという靴を探したのですが、これが見つからない@@。普通の日本人よりちょっと幅が狭いらしい私の足には日本人の木型は合わず、欧州系の細身のブーツだとどうも窮屈。ザンバランなどは右は「完璧」だと思ったのですが、左がどうも当たりがでるので、店員さんからやめたほうが良いとのリコメンド。
 あれこれと履き比べてそのたびに店内に作られた坂を何度となく上り下りし、店内をうろつくのですが、完璧な靴というのはないようで、結局残ったのがトリオレプロ。後は中敷と靴下で調整しましょうという店員さんの薦めにしたがい、中敷を普段使っているスーパーフィートに交換し、靴下をいつも使用している中厚手から厚手に変えるとなんかいい感じ。これならいいかなと大枚はたいで買ってしまいました。値段が値段だけにそう買い換えられないので、靴底を張り替えて10年は使わないと。

 でもって、日曜日に新しい靴の試運転:初めての靴ですから、とりあえず高尾山からのスタート。
 駅まで歩きながら思ったのですが、靴底に硬い芯が入っているので、靴底が曲がらないから歩きにくい~どったんばったんロボット歩きというか、街中から登山歩行で行かないと歩きにくい。登山口までサンダルで行くという人の理由がようやく理解出来ました。
 特に不具合もなく、高尾山まで6号路を登って、稲荷山路を下ってきました。ちょっと気になるのが、やっぱりちょっとゆるめという感じがあること。午前中だったし、歩行時間も短いし、本格的に足を酷使してむくんできたら丁度良いかも知れないので、この辺の判断は保留ですが、靴下をもう一段厚くしてみることにしました⇒帰りに恵比寿のモンベルで極厚手の靴下を買う、3000円なり。ちなみに仕事で履いているのはユニクロの3足で999円の靴下...登山って道具が高いですよねorz
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。