テントと寝袋買っちゃった♪

 来月のテント泊登山に向けて、道具を揃えに神保町へ行ってきました。買う気まんまん、物欲まんまんです。

 まずは寝袋から。ナンガとさかい屋のコラボモデルが見たかったのでさかい屋のエコープラザへ。店員さんとしばし歓談するも、ハーフジップなので、暑がりの私には向かないかもという結論に。それではとナンガのオーロラライトに食指を伸ばすも、一泊か二泊しかしないのならば、シェラフカバーいらないのでは、というか、シェラフカバーしたらしたで蒸れますよの一言に心が揺れる。気が付くと消去法でナンガのUDD380DXお買い上げ。

 次に、ICI石井スポーツ本店に移動し、アライテントのオニドーム1と、サーマレストのマットを購入。こっちは、はじめから買うものを決めていたので早かった。カードとハガキでテントは10%引き。

 自宅に戻って、手持ちの一番大きなリュック(カリマーのアルピニステ45+10)に押し込む。入った!でも余裕が無い!
 やっぱり60Lクラスのザックが必要みたいだ。またまた清水の舞台からバンジージャンプで購入かなあ。
スポンサーサイト

今日は講義の日

 今日は仕事を休んで、別の大学で講義。本来であれば兼業は禁止されているのだが、特別な許可をとってのアルバイトだ。

 90分の授業で80分超話しまくりだったが、学生の反応はまあまあだったと思う。途中で寝てる女子学生がいたけどまあご愛嬌。

 これでK大学での前期の講義は終わりなので、やれやれという感じ。今回の講義が良ければ、来季も非常勤講師の口が来るかもしれない。正直言って、費用対効果で言えばボランディアに近いが、これも実績だし、なにより、K大学とT教授とは良い関係を維持したいので、もし、声がかかれば快諾するつもり。

 とりあえずは、自分にお疲れ様

テント泊実習中!

 謎のめまいは収まりつつあるのだが、家族がクライミングは止めてくれと言うので、今後の山登りの方向性について悩んでいた。しかし、岩場はダメでも、水平移動なら問題無いだろうという結論に達したので、クライミングは休止して、ロングトレイルを目指すことにする。

 残念ながら山旅スクールにテント泊のコースはないので、別の会社を探さないと行けない。ネットで探したらアドヴェンチャー・ディバスという会社を見つけたので、最初は机上講習に行ってみたのだが、なかなか雰囲気も良かったので、テント泊のツアー登山にも参加してみることにした。一度テント泊体験をやってみたあとで、初の実践が御坂山塊という富士山の北側に延びる中低山の縦走。一泊二日の山旅だ。
 ちなみに、テント泊登山の道具は持っていないので、リュック、テント、シェラフ、マットはディバスからのレンタル。お値段は良心的だ。

 6月4日(土)
 天気晴れ、この日の行程6.1km,行動時間5時間
 0430起床、0500自宅発、自宅近くの駅から電車に乗り、0607東京駅発の快速で立川へ、ここで乗り換えて0653立川発、0751大月から富士急行に乗り換えて0843河口湖駅
 0900 集合。今日のガイドは宮下さん+ポーリンとハリー
 0940発の路線バスで天下茶屋まで移動
 1030 天下茶屋発 ここからが登り
 1159 御坂山 ここからは稜線上を縦走
 1250 旧御坂峠
 1413 黒岳
 1420 展望台 ここから下りとなるが、時々トラバースする道の路肩が切れ落ちていて少々怖い
 1156 すずらんの里
 テントはモンベルのステラリッジ4を「いの」さんとシェア。テントが大きすぎてファミリーキャンプのようであった。小さな登山用テントのほうが実戦的でよかったと思う。米は1合炊いたが多すぎ。おこげも美味しいけれど洗うのが手間なので、今度からアルファ米にしようと思っった。

 6月5日(日)
 天気雨後曇り
 11.9km 8時間
 0500 起床
 0530 朝食(ベーグル)
 0725 すずらんの里発
 0910 破風山
 0933 新道峠
 1035 中藤山
 1125 不逢山
 1139 大石峠
 1316 大石峠入り口
 1422 淵坂峠
 1525 ふれあいの里
 初日のザックは14kgあり、少々負荷が大きかったので、クッカーとサンダルを伴走車にあずけて少しだけ軽量化した(推定12kg)。大石峠からの下りがとにかく長くて、少々顎を出した。
 ほぼ一日中雨の中を歩く羽目になったが、トレントフライヤーは蒸れて不快である。金銭的に余裕ができたら、ファントラックあたりに買い換えたいと思う。
 最後の渡渉で足を滑らせて、片足を川に突っ込んでしまったが、かかとのあたりに少し浸水したぐらいで、靴の中が水浸しという大惨事にはならなかったのはラッキー。
 帰りの電車の中で、「いの」さん、「のした」さん、「はっしー」と意気投合して、7月に瑞牆~金峰に行く話で盛り上がる。山友ができただけでも参加した甲斐があった。
 次回の尾瀬は仕事で行けないので、その次の雨飾山、そして爺ヶ岳に行くことにしようか。ちょっと思案中
プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR