スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景信山東尾根を歩く

 天気の良い週末、配偶者は義母と根津のつつじ祭りを見に行くとのことなので、私も久々のソロ山歩きに出かけることにした。行き先は景信山の東尾根。地形図を見て、ここは登れそうだと思い、ネットをチェックして情報を収集していたバリエーションルートだ。

 高尾駅北口から、小仏峠行き0714発に飛び乗り、日影で下車する。本当はもう一つ小仏寄りのバス停が近いのだが、下山口の偵察も兼ねているので、このバス停で降り、小仏城山北東尾根の取り付きもチェックする。城山の北東尾根の取り付を見たが、やはり景信山東尾根の方が最初が急そうなので、景信山東尾根を登り、小仏城山北東尾根を下ることにする。

 記録用の写真を撮り、ストレッチをして、0800ジャストに東尾根を登り始める。トレースは時に明白に、時に薄れながら概ね尾根通しで延びてゆく。△478に0847に到着、ここまでが一番の急登だった。ここから先は緩やかにアップダウンを繰り返しながら標高を上げてゆく。
 小ピーク、コル、尾根と目印になる地形が適度にあるので、現在位置の把握には苦労しない・・・と思っていたら、△581が分からずに通過してしまった。山旅ロガーの記録だと0908に通過しているのだが、全然気付かずorz。 だから、0918に下北沢コースの登山道と合流した時にはびっくりしてしまった。手前のピーク探していたのにその先の登山道に出会っちゃったなんて、ちょっとお粗末。山旅の皆には言えないなあ。

 ここから先は一般の登山道をテクテクと登り、0937に景信山山頂を踏む。トイレを借りて0955まで休憩、ナルゲンに入れてきた柿の種を一口貪り、スポーツドリンクで喉を潤す。
 次の目的地は小仏城山、実線ルートなので軽快に足を進めたのだが、前日に雨でも降ったのか、路面が湿っていて、地質が粘土質なものだから、特に下りで滑る。コケはしなかったけど、ちょっと集中しながら城山を巻いて、北東尾根の入口到着が1026だから、ほぼコースタイムどおり。
 路面のコンディションによっては、高尾山に抜けようかと思ったのだが、地面はほぼ乾燥していて全然問題なし。勇躍、第2のバリエーションルートへ・・・と思ったのだが、道標が無いだけのハイキングルートみたいで拍子抜け。景信山の東尾根はすれ違う人もないトレースも薄い静かな尾根であったが、小仏城山北東尾根は山と高原地図に破線で描かれているせいか、結構歩く人が多い。下山する間に十数組はすれ違っただろうか。それでも、高尾~陣馬のメインルートに比べると静かな山歩きを楽しめる良い登山道だと思う。急なところも無いし、トレースばっちりで道迷いの心配もない。逆に言えば、地図読みの楽しみは余り期待しないほうが良い。

 1044 △621
 1048 送電線下
 1103 △446
 1121 渡渉

 東尾根を登り始めてから北東尾根を下るまでで、時間は3時間21分、距離は7.0kmと時間・距離は短かったが、特に東尾根は人っ子一人すれ違わないところで地図を読みながら進む充実した山行であった。城山北東尾根も、危ないところはないしトレースばっちりだし、初心者を連れてくるには丁度良い快適な山歩きができる尾根だった。

 5月1日から残雪の燕岳なので、その前に一回ぐらい歩きこみをしたいと思う。でも、私の心身の調子、配偶者の病状とかイロイロ変数があって、なかなか思い通りの山行ってできないんだよなあ・・・とGWの青空を眺めて思う。
スポンサーサイト

雨ニモマケズ

 予報では午後から雨。それも相当の風雨が予想されたので、撥水加工の登山用パンツに、レインブーツは無いので代わりにミッドカットの安全靴を履く。上着代わりにゴアの登山用レインを着ようかと思ったけど、真っ赤っかの上着で通勤するのもなんだかなあと思い、代わりにライディングコートを羽織る。ちょっと暑いかも知れないけれど、一応蝋引きなので、ある程度は雨を防げる。レインコートは持っていないので仕方が無い。

 勤務時間も終わりに近づいた頃に窓の外を見ると、吹き抜けに面したオフィスの窓に音も無く斜めに水滴の跡が付いている。ビルの吹き抜けの中でもこれだけの風が吹いているとなると外は相当の風雨だろう。

 帰りの道は、時々方向と強さを変える風のおかげで、傘が振り回されたけれど、防水撥水の衣服のおかげで濡れも蒸れも無く、まあまあ快適だった。

 天気雨。風強し。配偶者は調子悪し。でも明日は明日の風が吹く。雨の後はきっと晴れだ。そう信じて明日も頑張る。

戸倉三山を歩く

 昨日は久々の山歩き。
 例によって山旅のツアーなのだが、テーマは読図から離れて長時間歩行。夏に向けての歩きこみなのである。

 とはいうものの、戸倉三山ってどこよ?というのが最初の疑問で、調べてみると場所は武蔵五日市駅の近く。自分一人では絶対に行かないであろう山である。

 9時に武蔵五日市駅に集合。そこからタクシーで林道刈寄線の終点まで行き、ここから登山スタート。ガイド3人にスクール生34名の大所帯なので、3グループに分かれて、それぞれガイドさん先頭で歩く。

 0955 登山口(刈寄林道)
 1047 刈寄山
 1125 入山峠
 1146 トッキリ場
 1345 市道山
 1536 臼杵山
 1730 荷田戸(下山口)

 午後から雨の予報だったのだが、幸い短時間ぽつりぽつりと降っただけでレインウェアを着るほどではなかった。
 テーマである長時間歩行については、途中までは軽快に歩けたのだが、15時ぐらいから、足取りが重くなり、後半はちょっとドタドタ歩きになってしまった。
 原因は多分二つあって、一つは細かいアップダウンが多くて、平坦なところが余り無く、常に登っているか下っているかという状態を強いられて消耗してしまったこと。山頂の標高は1000m無いのだが、累積標高差は結構あるんじゃないかと思われる。第2の原因は単純に、歩きこみ不足。配偶者の入院もあり、一ヶ月ほどブランクが空いていた。

 行動時間7時間35分で移動距離12.1kmは、本格的に山をやっている人から見ればなーんだという数値と思うが、軟弱ハイカーには結構な距離であった。

 夏山に向けて、体鍛えないといけないなあと思う。

残念なお知らせ

 昨日、奥さんが救急車で近所の大学病院の救急救命センター送りになってしまったのですが、幸い生命に別状無く本日退院しました。しかしながら、さすがにそんな妻を置いて週末は雪山へGO!というわけにはいかないだろうということで、土日の谷川岳は泣く泣くキャンセルしました。

 妻は行ってくればというのですが、妻の急病で仕事休んでその週末に谷川岳でなにかあったら目も当てられないし・・・

 ツマも私も健常者ではないので、イロイロあるのは仕方の無いことですが、行きたかったな谷川岳(しょんぼり)
プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。