スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレッキングの記録(高尾・陣馬・大山)

 12月に、3日連続で山歩きしてきました。

 25日、世間はクリスマス、配偶者は仕事、ちびっ子は冬期講習。私は一人、高尾山へ。
 膝を痛めて、お休みしていたのですが、大分良くなったので、高尾山へリハビリ・ハイクに。
 6号路を登り、山頂でストームクッカーでお湯を沸かしてカップラーメンを食べて、稲荷山コースを下山する。いつものコースをいつもどおり、何事も無く下山。膝も最初は違和感ありましたが、途中から全く痛まなくなり、好調好調。
 山頂で、家族連れ(妻+娘3人)のお父さんが、ぴかぴかの新品のストーブとクッカー取り出して、自慢げになにやら始めようとしたのですが、うまくいかない様子。お父さん、新品は試運転、できれば完熟運転してから山にもってこようねと、生暖かい目線で見てしまった。

 26日、調子にのって、奥高尾縦走にチャレンジ。高尾駅始発のバスで陣馬高原下まで行き、そこからまず陣馬山へ。天気快晴、雪を被った富士山がばーんと見えて感動しました。山頂でキットカット一個食べて、山を下って明王峠へ、明王峠の茶店は閉まっていたので、ベンチをお借りしてコーヒーを入れて一服。冬、平日ということで人気も殆ど無し。
 次に登ったのは景信山。ここでちょうど昼時だったので、まいどストームクッカーでお湯を沸かしてカップラーメン。今日はとんこつ味でした。ついでにお湯を沸かしてテルモスに補充する。ここから急下りで小仏峠まで下る。小仏峠はそのまま通り抜け、城山まで登り返す。城山で休憩しようかと思ったが、次の一丁平までがんばり、ここでキットカット+コーヒーの一服タイム。ただ、休憩の時にはフリースを重ね着するのだが、あまり休憩していると足の筋肉が冷えてしまうので、冬場の休憩タイムは最小限だ。
 ここから、もみじ台までの階段がきつい。心の中で「楽しいムーミン一家」のテーマソングを歌いながら(おじさんが声に出して歌っていたら不気味そうなので頭の中で)、憧れの旅人スナフキンをイメージして、一歩一歩を進めていく。もみじ台を過ぎると急な階段があって、昨日来たばかりの高尾山山頂。足の疲れ、特に膝への疲労の蓄積を考慮して、4号路を降りて、あとはケーブルで下山。
 山旅ロガーのGPS記録を見たら、陣馬高原下の上り口から、ケーブルカーの山頂駅までで7時間7分、15.2km歩いている。時間には休憩とか昼食も含むので、実際に歩いたのは6時間ぐらいだとは思うけど、結構歩いたなあ。

 27日、今日はゴロゴロしているつもりだったのだが、なんとなく血が騒いで丹沢の大山に。ただし、中腹までケーブルカー利用。行きは岩がゴロゴロののぼりで結構ゆっくりゆっくりと登っていったので、途中、他のグループになんどか抜かれるけど、あせらないで行く。競走じゃないからね。
 山頂(1252m)は一言で言えば、寒かった。レトルトの栗ぜんざいを食べたら即下山・・ところが、災難はその後にやってきた。見晴らし台経由の下山路は、岩よりも土が多くて整備されているので安心していたら、泥とぬかるみで極めて歩きにくい。注意しながら歩いていたつもりだが、下りの一歩でつるりとすべり、背中から着地してしまった。お尻とリュックが泥だらけになったのも悲しかったが、場所が悪ければ滑落する可能性もあり、愕然とした。滑る滑ると思って、ベタ足で歩いていたつもりなのだが、体重移動やイロイロと修行不足ということかも知れない。
 大山登山の帰りには、鶴巻温泉に寄るのが恒例なのだが、リュックもズボンも泥汚れがひどいので遠慮し、すごすごと自宅に退却。なんとも締まらない今年の登り収めとなった。

 明日からは、房総半島南端の千倉温泉に行ってきます。家族旅行です。舟盛りにアワビと、豪華海鮮料理が待っています。その後は実家に帰省するので、今年の更新もこれが最後、皆様も良い年を~
スポンサーサイト

車遍歴

 車を6か月点検に出しました。今の車は、ホンダのFREEDです。車が趣味だったことは一度もありませんが、紆余曲折を経てイロイロな車に乗っています。今日は私の車遍歴の回想です。

 就職して最初に買ったのは、いすずのPA-NEROでした。当時流行の1600CCクラスの車で、ジェミニのクーペの輸出バージョン。そのため、いすずの販売店では取り扱っておらず、YANASEからの販売でした。加速とハンドリングが良くて、事実上の2人乗り(後席はワンマイル・シート)と、当時の若者受けするコンセプトだったのですが、デザインが個性的で、販売店がYANASE限定と変則的なこともあり、あまり街でも見かけない車で、またそこが良かったという記憶があります。助手席に女の子を乗せて、長崎の海岸線をびゅーんと走ると最高な車でした。
 このPA-NEROには10年近く乗ることになります。ちなみに、結婚するときに、配偶者がホンダのデル・ソルとミニ・クーパーと2台も車を持っていたので、どの車を処分するか悩みましたね。2シーターで、コンパーチブルのデル・ソルも格好良かったし、ヴィンテージのミニ・クーパーにも味があった。結果として、一番大きかったPA-NERO(事実上の二人乗りですが、文字通りの二人乗りのデル・ソルよりは大きかった)を残して売却しました。
 PA-NEROとのお別れは唐突でした。当時住んでいた青森で雪道を走っているときに交差点で出会いがしらの衝突をしてしまい(双方に過失)、修理はしたのですが振動したり窓が開かなくなったりといった不具合が出たので泣く泣く廃車にしました。

 次に買ったのが、ランドローバーのディスカバリー。実は、子供ができたので「大きくて頑丈な車」が良いといって配偶者が購入を宣言。でか過ぎるだろうと思いましたが、妊婦には勝てず購入・・・。
 大きいし、内装も良いし、車体の大きさも慣れれば車庫入れも問題なしとここまでは良かったのですが、問題は維持費というかガソリン代。4000ccのエンジンはハイオク指定で、市街地だとリッター5キロも走らない。燃料タンクは70リットルもあったのですが、頻繁に燃料補給してそのたびにガソリン代にため息をついていたような気がします。
 しかし、ディスカバリーは短命でした。英国に留学することになり、義妹に貸したのですが。妹が保土ヶ谷パイパスで居眠り運転でコンクリートの側壁に激突、大破してしまいます。しかし、ディスカバリーの本当の価値は事故の瞬間に示されました。義妹いわく、エアバッグがそこらじゅうから開いて、義妹と二人の甥も全くの無傷でした。警察と保険会社の人の双方から、安い車だったら死んでいても不思議ではないと言われたそうです。
 妹が泣きながら英国に電話をしてきたのですが、こっちは現場を見ていないので、「とりあえず怪我が無くてよかった」という気持ちと「どうやったらあの車を一撃で廃車にできるんだ」と配偶者と二人で首をひねったのを覚えています。

 英国留学中に乗っていたのはヴォクスホールという会社のセダン(型式不明)。留学生の間で代々引き継がれてきた栄光のポンコツ車で、ワックスかけても光らない車体に、不健康なエンジン音という絶妙な貧乏感の車でしたが、この車で英国各地を走り回りました。ちなみにこの車、私の次の持ち主がロンドン市内をドライブ中、突然エンジンが息絶えて、スクラップになったそうです。

 帰国後、車が無いのは不便なので、嫁に行った妹が実家に置きっぱなしにしていたホンダのインテグラを譲ってもらったのですが、ディスカバリーのあとではインテグラは狭すぎてフラストレーションがたまり、再びSUVを買うことにしました。ただし、このときにホンダの車が気に入ったので、ここから後はホンダ一筋になっていきます。

 次の車は、再びというか、勝手に配偶者が選んだホンダのエレメント。遊びに使います!感を全面に押し出した4WDでしたが、夏はキャンプ、冬はスキーという我が家にとってはぴったりの車で、特に3度目の青森勤務の時には大活躍でした。できればずっと乗っていたかったのですが、ロシア駐在を機に売却処分しました。

 モスクワの町でハンドルを握っていたのは、ホンダのシビック。正確に言えば、ウィークデーの昼間は運転手兼ボディーガードが息子を日本人学校に送迎し、夜は私と配偶者をパーティやディナーに送迎していて、週末だけ私がハンドルを握ってスーパーへの買出しや、子供のスケート教室の送迎をやっていました。モスクワの渋滞と交通マナーの悪さは殺人的で、このシビックも走行中に当てられたのが1回、駐車中に車に当てられたのが1回、酔っ払った若者集団にライトを割られたのが一回と、3回も修理に出しています。だから、モスクワでの運転ってあまり良い記憶が無いですね、郊外にある世界遺産の修道院とか、保養地に行ったときぐらいかな、ドライブらしいドライブしたのは。このシビックは帰国の時に同僚に売却しました。

 帰国して、車買うかどうか悩みました。都内だと車無くても暮らせるし、キャンプとかはそのときだけレンタカー借りたほうが安いし。だけど、いざというときに実家の両親のところに駆けつけられるとか、慣れないレンタカーの運転のリスクとかを考慮して、結局買うことに決めました。ただし、今回はコンパクト・大容量・エコをキーワードにホンダ(結局ホンダ)のFREEDにした次第。ちっちゃいけど、親子3人乗って、キャンプ道具も積み込む容量もあるので、キャンプにスキーに活躍しています。

 紆余曲折あって、イロイロな車に乗ってきました。FREEDもあと半年で2回目の車検です。

 子供が独立して、老夫婦になったら、真っ赤なコンバーチブル(できればS2000)に乗りたいなあと、今から思っています。

ひそかに復帰

 大航海時代オンライン課金しました。
 とりあえず、年末年始様子見て、本格的に復帰するかはそれから決めます。
 ブランク長いし。山歩きとか、英文読書とか、他にやることもイロイロあるんで

原稿=名声&臨時収入

 とある専門誌から記事を書いてくれと言ってきた。
 大人の事情で、原稿料は格安ですが、発表の機会を得る=評価を高めることの方が、私には重要なので二つ返事でOKした。4月号だから、締め切りは2月末とのこと。ネタは決まっているし、頭の中に概略の構想はできているので、年明けにも初稿を入れようかと思います。どちらかといえば拙速派です。さっさと作って、人に見てもらってチェックしてもらう方が楽だし、効率的

 格安とはいえ、それなりの原稿料(数回飲みに行けるぐらい)は貴重な臨時収入です。何に使いますかね。多分、山道具と本に消えそうですが。

のんびりのたのた

 丹沢(鍋割山)へ行こうかと思っていた日曜日。朝5時に一旦は起きたんだけれど、膝に違和感を感じたのとなんとなく気分が乗らなかったので、素直に再び羽毛布団(京都西川製)の中の人に・・・

 リビングに飾ったクリスマスツリーを見ながらトーストをパクついていたら、配偶者から障子の張替えを頼まれてしまった。確かに去年張り替えてないし、受験ストレスのちびっ子が破ったあととか、駄猫がぶち抜いたあとを補修した箇所が目立っている。

 障子の張りかえって業者に頼むと結構な金額がかかるので、我が家では専ら私が張り替えている。ちなみに、襖の張替えも自分でやってます^^。

 いつものように、霧吹きで水を吹いて、古い紙を剥がすところまでは順調だった。いや、新しい紙を張るまでは順調だったのだ・・・が・・・次の瞬間、焦げ茶色の物体が視界の中を駆け抜けていった。あとには、真新しい障子の上に点々と残る猫の爪あと・・・張り直し決定orz

 駄目猫から馬鹿猫に格下げになった「サーモン」を風呂場に閉じ込めて、そこからは波乱はなかったけれど、6枚張り替えると精神的に疲れる。昔の家の障子の張替えとか大変だったろうなあ。

 昼からは軽くジョギングしたあとで、恵比寿のモンベルまで行って、軽アイゼンとスタッフバッグを購入。その後で仕事帰りの配偶者と駅前で合流して、喫茶店でコーヒー飲んで、スーパーで一緒に買い物して、帰宅して夕食。食後は、ちびっ子は勉強、配偶者はコタツでビデオ、私もコタツで読書

 天気も良かったし、平和な週末。トラブルもなし、ドラマチックな展開もなし。のんびりのたのた。

横須賀ストーリー

 明日から3日出張です。行き先は横須賀。青春時代をすごした懐かしい港町です。

 アメリカ側が主催する講習に参加するのですが、終わった後で日本側にその内容をレクチャーしなければならないので、語学力と経歴を買われて抜擢された次第。喜ぶべきなのかも知れませんが、朝が早い(明日は4時半起床)なので微妙な気分。今日は早く寝ないと。日本側の最先任者なので、挨拶ぐらいは電車の中で考えないと。

 というわけなので、明日から3日間、日中は携帯通じません。メールも電話も繋がりません(船=鉄の箱の中なので)。緊急時の連絡は、「例の場所」でお願いします。

 横須賀の連絡官は一緒にアフリカに赴任した先輩なのですが、調べてみたらアフリカ戦線に従軍したのが平成5年11月23日でもう19年前!年齢を感じるなあ・・・
プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。