スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークランド紛争から30年

 10年前に英国に留学していたときの話です。

 家族連れで留学した私に、学校が家族の支援をするボランティアを紹介してくれました。我が家の世話をしてくださったのは隣村に住んでいるベイリー夫妻、ご主人は退役した陸軍中佐、奥様は美術の先生でした。

 ご自宅にも何度か訪問する機会があって、暖炉の上に飾ってある写真を見ると3人の少年の写真が目に留まりました。私の視線に気がついたベイリー中佐は、長男は父親の後を追って陸軍に入り、現役の陸軍准将で活躍していること、末息子はロンドンで成功したビジネスマンである旨を教えてくれました。
 写真の真ん中にいる少年については説明がなかったので、そのときは聞くのがためらわれたのですが、後日うかがったところ、誇りと悲しみを込めて「ジェームズはフォークランドに行って、帰ってこなかったのだ」と静かに答えました。

 フォークランド紛争から30年が経ちます、愛する家族を失った肉親にとって、30年は痛みを和らげるに十分な年月なのでしょうか。自らの子供が成長するにつれ、その将来を思うにつれ、思い出すエピソードです。



(ジェームス・ベイリー中尉は、フォークランド島に上陸した空挺大隊D中隊の一員として、部下を率いて活躍し、フォークランド紛争における激戦地の一つであるグース・グリーンの戦闘で、1982年5月28日に戦死した。ご冥福をお祈りします)
スポンサーサイト

大人買い

 アマゾンでクリッククリックしていたら、一万二千円になってたよ!
 ギボンのローマ帝国衰亡史(筑摩書房)を8巻~10巻まで、あとマハンの「海軍戦略」をどどーんと大人買い。
 マハンの方は、研究所の図書館にあるけど、本は手元に置いていつでも読みたいときに読みたい性質なので、思い立ったら買い込んでしまう~そして、読まずに積んである本が10冊以上ある~
 いや、買っておいてあとでゆっくり読もうと思って買うのだが、次々に新しい本買ってるので、ついつい後回しになってるんだよね。キッシンジャーの「外交」とか「War diaries 1939-1945 Field Marshal Lord Alanbrooke」とか。
 英語の本とか7冊たまってる!20年ぐらい前に仕事関係者に貰った本(Yi Sun Shin)とか、当時の彼女に貰った本(Citadel in Spring)とかw。
 アマゾンのHP閲覧自粛しようかな~

配偶者 働く!

 配偶者がやっとアルバイトに採用されました。と言っても再来週の土日だけの単発のバイトですが。
 共働きをしないと暮らしていけないほど生活が苦しいわけではないのですが、ちびっこも手がかからなくなり、専業主婦だけでは生活に張りがないそうです。

 5年ほど前に妻は持病が悪化し、入退院を繰り返す日々が3年ほど続きました。年の半分は病院で過ごした時期もあります。それを思うと、外で働ける、働こうという気持ちになるということが、なんとも言えぬ嬉しい気分です。

 私も2年前に体を壊して5ヶ月ほど仕事ができない時期があったので、健康のありがたさは身にしみています。
 壊れ物同士で仲良く支えあってこれからも生きていけたら良いなと思います。

給料日

 給料日です。
 オットの財布も「お小遣い」でちょっとだけ膨らみます。

 さっそく本を注文。高坂正堯の『海洋国家日本の構想』です。今の若い学生さんは「こうさかまさたか」と言っても知らないかもね。

 週末はコルベットのSome principles of Maritime Strategyを読む予定。この本は名著と言われていますが、邦訳がでないんですよね~。1909年に書かれた本なので、今の英語と比べると言葉遣いが古風で読みづらい!誰か訳してくれ~。私?無理無理。せいぜい論文を訳すのが精一杯です。
 そういえば、また翻訳論文集を出す話があり、というか、言い出した張本人の一人なのですが、掲載論文に2本応募して結局一本掲載になりました。学会誌なので原稿料出ないのが残念。でもこうやって名前を売って、実績をアピールしておけば、本業の方でもお呼びがかかるかも知れません。

 預かり猫は、すっかり我が家になじんでいます。ソファで横になって本を読んでいると腹に乗ってきます。人好きのようです。このまま我が家の猫になりそうな予感。トライアルもあと1週間です。

猫が来た!

 昨日(5.10)、猫が来ました。
 2週間はトライアル期間です。我が家に馴れるかどうか、我が家の住人が猫に慣れるかどうか。配偶者の家では猫飼ってましたけど、私は飼うの初めてだし、ちびっ子も初めて。猫アレルギーとか出たら残念ながらアウトです。上手くいくといいな。
 家猫にするのが譲渡条件なのですが、この猫、隙あらば外に出ようとします。最初の飼い主が出していたのでしょうか。家の中で我慢してくれ~
 ちなみに猫ご飯とトイレの手入れは、配偶者のお仕事です。それが飼う条件でしたから。私は愛でるだけ。

スーパー・ムーン

 昨日見た満月がいやに鮮やかに感じたら、月の接近(月の軌道は楕円軌道)と満月が重なったスーパー・ムーンだったらしい。というわけで、今宵はベランダに椅子とテーブルを出して、ホットティーを飲みながら、しばし月を眺める。いつか行って見たいなあ。

 ところで、今月から家族が増えるかも知れない。と言っても猫ですが。
 飼い主が何らかの理由で飼えなくなって、保健所に預けられた(そして薬殺される)犬猫を引き取って里親を探しているNPOがあり、そこから、猫を一匹引き取ることになりそうなのだ。配偶者はこの際2匹まとめてなどと言っているが、とりあえずは一匹で勘弁してもらう予定。

 3~4才ぐらいの大人のオス猫(シャムネコの雑種)の予定だが、NPOによる自宅チェック(十分に広いか)、収入チェック(ちゃんと面倒を見て病気になったら犬猫病院連れて行けるか)などがある。私の甲斐性を試されているような気もするのだが、まあその辺は大丈夫だと思う。
 それよりも、猫が我が家(とその住人に)馴れてくれるかどうかの方が心配。来週にも猫を連れてきて、2週間ほどの試用期間?が始まるのだが、嬉しいような不安なような。

購入予約

 Luttwak教授の"The Rise of China vs. the Logic of Strategy"が11月に発売予定なので、アマゾンで購入予約した。ルトワック教授とは、先日来日された際に意見交換の機会があり、中国について戦略論の見地から本を出すと聞いていたので、以前からアマゾンでチェックしていたのだ。
 内容の一部は先日の講演と重複するとは思うが、面白そうな一冊である。

 一方で、読んでがっかりだったのがキッシンジャーの"On China"。なんだか中国万歳みたいな内容だった。キッシンジャーってこんな人だったっけ?

 気を取り直して、CSISの"2012 Global Forecast"を読む。米国の新大統領が直面するであろう各種課題について予測するというレポートだが、1章は3ページ程度なので、全部で90ページほどあったけどスイスイ読めた。作成中の論文の参考文献に入れておこう。

 明日から3日間、栃木に家族旅行です。天気予報がイマイチなのが懸念材料ですが、まあ、楽しんできます。

鎌倉シャツ

 ちびっこは学校なので、配偶者と二人で鎌倉に行ってきました。
 鶴岡八幡宮に合格祈願のお礼に行きたかったし、鎌倉シャツの本店にも行きたかったので。

 サイズを測ってもらったら、首周り38cm、袖丈85cm(右腕:私は右腕のほうが1cm長いです)とのこと。ワイシャツのサイズとしては首周りは+2-3cmというところなので、いつも買っている42-84がジャストサイズというところ。新彊の生地でフルオーダーというのも魅力的でしたが、今日のところは既製品を一着買ってみました。着心地や縫製など着て、洗濯して、アイロンかけてみないと判らないところもあるので。

 今日買ったワイシャツは、ワイドスプレッドカラー、ダブルカフス、白無地、サイズ42-84

 これに合わせる手持ちのスーツというと、ブリティッシュトラッドのグレーのスーツか、ネイヴィーのピンストライプの3ピースのスーツかな。ネクタイも華やか目のものをウィンザーノットで結ばないとバランスが取れないだろう。
 自分がお洒落だとは思わないが、スーツ・ネクタイ・ワイシャツ・靴は、ある種の戦闘服であり、武器でもあると思っているので、自分が何を伝えたいのかというメッセージやイメージを意識して選ぶようにしている。
 あと、カチカチに硬くするのではなく、どこか1点で遊び心もだしている。ユーモアのセンスというイメージを出したいので。
 というわけで、明日は、ブリティッシュトラッドのスーツに、今日買ったダブルカフスのワイシャツ、足元からチェルシーブーツを見せて、ネクタイは「招き猫」で!
プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。