スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も英語漬け

 先週は国際会議の主催者側だったので、多忙な一週間でした。
 今週は一息つきたいところですが、今日の午後と明日の午前と他の研究所が行う研究会に参加です。サボりたいなあと思っていたら、一緒に出席するはずだった部長から、自分は欠席するから話を聞いてきておいてくれと言われてしまいました。これではサボれません(サボるといっても多忙を理由に自分の席で仕事はしますよ。喫茶店で時間をつぶすわけには行きません)。

 参加してみたら、新しい試みということで、プレゼンは通訳なし、質疑応答のみ通訳ありとのこと。今週も開始早々に英語漬けです。半日参加しただけですが、後半は集中力が途切れ気味でした。

 水曜日に、学校に米国から来客があるので、その際のディスカッションの呼び水になるプレゼンを作れとも言われました。発表するのは室長なので、最終的な責任は先輩にあります。サクッと英文で15分のプレゼンを作って、社内メールで関係者宛に送りつけておきました。明日になったら修正要望が来るでしょう。明日の午前は会議なので直せるのは午後になりますが。ああ、昼もワーキングランチだった。明日は、午前仕事、昼ごはん食べながら会議、午後は会議の報告資料の作成にプレゼンの修正?
 うーん、休み時間が無いじゃないか。昼ごはん食べたら勝手に昼寝タイムしようかな。その気になれば実際に昼寝できちゃうところが、今の職場と私の立ち位置の良いところ~
スポンサーサイト

家紋と印璽

 我が家の家紋は「丸に梅鉢」です。由来はわかりません。

 シーリングワックスに押す印璽(シーリングスタンプ)は「猫」です。由来は、冬になるとコタツ猫だから・・・

家庭内格差社会

 配偶者は妹とナオちゃんと「従姉妹会」と称して、元町のBEBEでランチです。飲み物はシャンパンとワイン。
 自炊が面倒だったのでこちらもちびっ子と二人で、駅前のTapas Tapasでランチです。飲み物はセルフサービスのソフトドリンクとコーヒー。

 向うは、予約もなかなか取れない人気のフレンチ、こっちはちびっ子OKの駅前のイタリアン。何気に家庭内格差を感じました。

 月曜から金曜まで国際会議です。議長補佐なので裏方なのですが、議長がインフルエンザにでもかかった日には、議長の重責が回ってきます。上司の健康を祈念w

幼年期の終わり

 今日は中学校のオリエンテーションでした。
 ちびっ子は、算数と国語の試験(入学試験で実力は判明しているはずなのに・・・素養試験?)。入学前なのに、算数、国語、英語と宿題が!結構な量があります。

 私立中学は既に始動しています。
 ちびっ子にも「君は既に子供ではないのだよ」と訓育しておきました。
 幼年期は終わりました。大人の世界へようこそ。

はっぴー・ばれんたいん

 職場でチョコレートを2つもらった。
 今日はD大学のゼミの日だったので、女子大生からももらった。

 駅の花屋で配偶者にブーケを買う。トレンチコートのオジサマに小さな葉束は似合わないかも知れないが、今日はバレンタイン

 ただいま、ハッピー・バレンタイン!
 花の向うに妻の笑い顔、後ろ手に隠したチョコレートが顔を出しているよ。

Cyberspace

 ネットで検索した、米国のサイバー関係の公文書(ホワイトハウス及びペンタゴンが出したもの)を打ち出したところで、一冊目のファイルが一杯に。いくつか読み進めていくうちに、米国における主管官庁がDHS(Department of Homeland Security)と判明。ペンタゴンじゃなかったのか、更に資料収集が必要だ。論文も、NDU(米国防大学)のJFQに掲載されているものをいくつか見つけた。
 本は、伊東さんが書いた本を以前に読んで手元においていたのだが、アマゾンから「世界サイバー戦争」が届いた。後一冊注文しているので一両日中に届くだろう。
 とりあえず、The National Strategy to Secure Cyberspaceから読んでいくことにする。2003年に出たこの文書が米国が国家を挙げてサイバーに取り組み始めた最初ではないかと思うのだ。また、読んでいくうちに新しい発見があるかもしれないが、それも想定のうちだ。

 出口はまだまだ見えないが、なんとなく充実感

漂流

 私の職場は研究が仕事なので、各室毎に毎年研究テーマを定めて、年度末に報告しなければならないのですが、来年度の研究テーマが今日決まりました。
 決まったところまでは良いのですが、最新のトレンドを追うものになったので、ちょっと難しいなあと人事のように思っていたら、部長から主担当として指名されてしまいました。「適任者だから」の一言に流れた涙はうれし涙でしょうか?

 プロジェクトを組むという選択もありますが、基本的に一人でやろうかと思います。結局は関係文献には自分で目を通さなければなりませんし、最終的に論文という形でまとめようと思っているので、一人のほうがやりやすい。知見のある人からは、色々と意見を貰おうとは思っていますが・・・

 締め切りは年度末の来年3月ですが、馬力を出してやってしまえば、夏までに終わるのではないか・・・というか、夏に転勤するためには、それまでに一気呵成に書き上げてしまわないと

 組織の要求に応えて、結果を出して、更に責任と権限が大きな配置にステップアップして、その繰り返しの人生です。勤め人の性ではありますが、この船はどこに流れ着くのでしょうか。

帰省

 土日に一家で帰省してきます。帰省と言っても、車で1時間半。行き先は千葉の田舎にある私の実家。
 ちびっ子の中学校合格報告に行ってきます。

 父は、中流+αの家に生まれましたが、父親を早くに亡くし、戦争で家も焼かれて家は没落しました。小学校卒業後、呉服店に住み込みで働きながら中学校に通ったのですが、もっと勉強したかったのにお金がないので高校に通えなかったという悔しい思いをしています。
 そのため、子供の教育にはお金を惜しまないというところがあります。貧困と労働の少年、青年時代を送ったはずなのですが、生まれのよさか、優雅というか大らかというか育ちのよさを感じさせる父の言動は、私の手本でもあります。
 したがって、ちびっ子の私立中学合格は、もちろん、ちびっ子の努力の成果でもあるのですが、私の子弟教育に対する姿勢を父に対して示すものでもあるのです。

 では、行って来ます。

欲求不満

 我が家のちびっ子ですが、初日にあっさりと第1志望校に合格して、DSやってます。
 うー、第1志望は、実力よりちょいと上の学校だったから、もしかしたら無理かなあと思っていたのに。

 4日間の激闘を予測していたのに、拍子抜けです。合格おめでとうと言いながら、なんとなく欲求不満。

 合格したからこそ言える贅沢です。
 授業料払うために仕事しないとなー

12歳の挑戦

 東京都の私立中学の入学試験が今日から始まりました。

 私立の中学への進学率は、全国で見ると7%に過ぎませんが、東京都では約4分の1、我が家のちびっ子の通う区立小学校では3分の1が中高一貫校へ進学します。
 理由としては、充実した教育環境や高校受験が不要になるというメリットもありますが、男子だと有名大学への高い進学率、女子だと校風や大学付属校か否かが選択の基準に入ってくることが多いようです。

 授業料無料の公立中学校と異なり、私立中学校は結構な額の授業料等を必要としますし、試験範囲が小学校で学ぶ範囲を超えているため、小学校4年生から進学塾に通うのが一般的で、経済的な負担はかなりのものがありますが、大学への進学や、学級崩壊やモンスターペアレンツなどの学校をめぐる様々な問題を考えて、子供を私立にと望む親が多いようです。

 親の思惑も色々ですが、12歳の輝く瞳は、答案用紙の向うに何を見ているのでしょうか?

 我が家のちびっ子も、この戦線に従軍する兵士の一人です。4日間で最大6回の試験を受けます。
 鉛筆を握り締め、結果はどうであれ悔いの無い戦いをしてきてほしいなと思います。
プロフィール

penkichi007

Author:penkichi007
ブログ初心者
アラフィフ男性
配偶者&ちびっ子&駄猫と同居
東京都

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。